« BEGINを見る度に | トップページ | 三谷幸喜『戸惑いの日曜日』を観る »

観客について

 注意が集中し、内容に共感を覚え、そのリズムと気持ちが一体になりだすと、観客は、集団として、一観客の能力をこえた受容力と感受性を発揮するようになる。

 ジョン・ヒューストンが映画の観客について述べたものだが、演劇も同じだろう。書く者にも、舞台をつくる者にも、観客の視点が要る。ただ、これには抵抗があるかもなと思うけれど、譲れない場合がある。それで失敗することも少なくない。楽しいが難しい。

|

« BEGINを見る度に | トップページ | 三谷幸喜『戸惑いの日曜日』を観る »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観客について:

« BEGINを見る度に | トップページ | 三谷幸喜『戸惑いの日曜日』を観る »