« デイビッド・ボールの言葉(1) | トップページ | すごいネ、ネット商売 »

ジョン・ヒューストン『王になろうとした男』を読む

 面白い。ハンフリー・ボガード、マリリン・モンロー、マーロン・ブランド、モンゴメリー・クリフト等の俳優、トルーマン・カポーティ、サルトル等の作家の裏話も面白いし、彼の映画への取り組み、趣味の徹底ぶりも面白い。最近読んだ中では最も面白い一冊だ。

|

« デイビッド・ボールの言葉(1) | トップページ | すごいネ、ネット商売 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・ヒューストン『王になろうとした男』を読む:

« デイビッド・ボールの言葉(1) | トップページ | すごいネ、ネット商売 »