« Swing-by初練習 | トップページ | 三島由紀夫『わが友ヒットラー』を読む »

名作の言葉(1)

わたしたちの旅はまだ長いのだ。都市とともに老いてはならん。

                              唐十郎『二都物語』

 男と女もそうだけれど、演劇が時代に寄り添いすぎると、時代とともにこけてしまう。これはイカン。私をしっかりと保ち、自分の信念を持つことが今こそ求められるように思う。安部首相が「美しい日本」という極めて意味不明なキャッチフレーズで今日本を混沌とさせている。大体形容詞で語る政治家は信じてはいけない。形容詞には実体がないのだから。安部とはこけたくない。

 それにしても唐十郎はすごい。一時期彼の作品をやりたい時期があったが、もう体力も精神もとても太刀打ちできない。でも、本人はまだテント張ってやってやいるんだから、すごい。全集が欲しい作家だな。

 

|

« Swing-by初練習 | トップページ | 三島由紀夫『わが友ヒットラー』を読む »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名作の言葉(1):

« Swing-by初練習 | トップページ | 三島由紀夫『わが友ヒットラー』を読む »