« 台詞が生まれない苦しみ | トップページ | 何故、漫才台本か »

宴人

 えんじん、という名の漫才師の一人は教え子だ。大分市内の高校演劇同好会の卒業公演に客演してもらったこともある。大阪の大学に進学したと思うが、吉本に入ったという噂を聞いて、この十数年で2,3回テレビで見た。面白くない。元気な奴だが、滑っている。

 この前の日曜日大分市美術館にエッシャー展を観に行った。作品よりはエッシャー自身の方が面白いとか話しながら帰るクルマの中で、同居人が彼の話を始めた。どうしてかはわからない。そして、その夜のテレビで宴人の彼を見た。勝ち抜きで、何週か勝ち抜いているとかで、その週も勝ち抜いた。しかし、ぼくは笑えなかった。

 誰か、宴人の江藤に連絡がつけば、是非、ぼくに漫才台本を書かせてくれと伝えて欲しい。

|

« 台詞が生まれない苦しみ | トップページ | 何故、漫才台本か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宴人:

« 台詞が生まれない苦しみ | トップページ | 何故、漫才台本か »