« 新聞を読もう | トップページ | 国民を愚弄する政治家 »

花粉症が教えるもの

 ある年、ぼくは酒を飲みながら、ハサミで鼻毛を切っていた。毎日だから、根こそぎ、だ。そして春先、花粉症で涙ぐむ毎日を送った。鼻毛は切りすぎてはいけないことを学んだ。

 しかし、軽症だが、今年はどうも花粉症かもしれない。鼻毛ではなかったのか!

 この時期、マスクをする人間が年々増えている。自然からのメッセージだな。自然との共生がどういうことか考えることを促している、と、考えれば、結構いい方向に行くのではないか。

 ぼく達には毎日様々なメッセージが雨のように降りかかっている。しかし、その殆どが気づかれないまま地面にしみこんでいく。今、マスクをしている人はマスクに頼るだけでなく、自分の子どもや孫のために、どうすればいいかを考えるべきではないか。

 自分の名誉と金のためだけに考える今の政治家には望めない。そういうことを考える政治家を選ぼうね。

|

« 新聞を読もう | トップページ | 国民を愚弄する政治家 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症が教えるもの:

« 新聞を読もう | トップページ | 国民を愚弄する政治家 »