« 『久世塾』を読む | トップページ | マリオ・ブラッティ『橋』を読む »

『暗くなるまで待って』を観る

 オードリー演じるヒロインは盲目。そこに男達が「獲物」を求めて来る。ヒロインを盲目の設定にしただけで、単純なストリーが膨らみ、面白くなる。一点だけで観客を最後まで引っ張っていく。脚本の設定のお手本だと思う。スピルバーグの『激突』も単純だが、どうも彼の映画全般に言えることだが、人間の感触が希薄なんだな。オードリーファンの欲目かな?

|

« 『久世塾』を読む | トップページ | マリオ・ブラッティ『橋』を読む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『暗くなるまで待って』を観る:

« 『久世塾』を読む | トップページ | マリオ・ブラッティ『橋』を読む »