« 『大脱走』を観る | トップページ | 春眠暁をおぼえず、というのに・・・ »

あるお嬢様

 芸術系の大学に進み、大学院を出て、就職して、親が仕送りのためにアルバイトを始めたという話を聞いた。結構デカイアパートを持っているらしい。それなのに、・・・。

 そこに生活はない。ぼくらは自分の考え、嗜好に自信を持っていい。誰がナント言おうとも、リンゴよりミカンが好きだ、そういうものでいいのだ。理由? 遺伝子にきいてくれ。

 基本的には親がアルバイトをするレベルでは「お嬢様」とは言えないんだろう。子どもが困ればどうにかしてあげたいという親の気持ちも分かる。ただ、就職して、お前自分で生きろと言えないのか、と、思う。このままいくと「お嬢様」はバカの代名詞になる。実際バカだから、いいか。

|

« 『大脱走』を観る | トップページ | 春眠暁をおぼえず、というのに・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あるお嬢様:

« 『大脱走』を観る | トップページ | 春眠暁をおぼえず、というのに・・・ »