« 生き方と演劇 | トップページ | 『暗くなるまで待って』を観る »

『久世塾』を読む

 久世光彦がシナリオライター志望者のために開講してた「久世塾」の記録。

 講師は大石静。内館牧子、竹山洋、青柳祐美子、糸井重里、山本清多、金子成人、小林亜星。

 暴力的にまとめると、打たれてもめげないだけの強さこそが大切だということになる。

 結局何でも同じことなのだ。

 そして、彼らはNOに対して何回も書き直した。書き続けることが一番の方法なのだな。

|

« 生き方と演劇 | トップページ | 『暗くなるまで待って』を観る »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『久世塾』を読む:

« 生き方と演劇 | トップページ | 『暗くなるまで待って』を観る »