« 中津留章仁『とんでもない女』を読む | トップページ | シャン・カーン『CLEANSKINS/きれいな肌』を読む »

ニール・サイモン『ロンドン・スイート』を読む

 ロンドンのあるホテルのスイート・ルームを利用する4組の客のオムニバス形式のドラマ。

 ニール・サイモンはビッグネイムで、今までに多くの傑作を送り出している。その半分は読んでいると思う。軽妙で粋な台詞は他の追随をゆるさない。ただ、彼の一番の傑作は『書いては書き直し』の自伝ではないかと思う。ちょっと面白かった台詞を幾つか。

「アメリカの猫の数より、『キャッツ』観た人口の方が多いんだって」

「才能はナイル川の水じゃない。毎年春になりゃ頭に溢れてくるもんじゃない」

「公平ってやつはあまり公平に行き渡らないものじゃないか」

「ゆうべ懐かしくてフィッシュアンドチップスを食べたんだよ。胃とノスタルジアは相性が悪い」

「妻でも恋人でもないなら、せめてお母さん役をやらせて」

『書いては書き直し』は続篇も出ている。一読をおススメします。

|

« 中津留章仁『とんでもない女』を読む | トップページ | シャン・カーン『CLEANSKINS/きれいな肌』を読む »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニール・サイモン『ロンドン・スイート』を読む:

« 中津留章仁『とんでもない女』を読む | トップページ | シャン・カーン『CLEANSKINS/きれいな肌』を読む »