« 『王様の心臓』を観る | トップページ | 鴻上尚史『僕たちの好きだった革命』を読む »

『ロミオとジュリエット』を観る

 『ロミオとジュリエット』の翻案もので一番有名なのは『ウエストサイド物語』だと思う。

 井上由美子版の今回の翻案は、警察と犯人の子どもという設定。対立をそういう形にしたか、と、安易なようで、ちょっと物足りない。最後も人情モノになっていて、別にシェイクスピアを下敷きにした意味が薄い。だからか、最後のヒロインの台詞「だって私たちロミオとジュリエットじゃないもん」が作者の開き直りの言葉に聞こえた。

|

« 『王様の心臓』を観る | トップページ | 鴻上尚史『僕たちの好きだった革命』を読む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ロミオとジュリエット』を観る:

« 『王様の心臓』を観る | トップページ | 鴻上尚史『僕たちの好きだった革命』を読む »