« 黒川欣映『イエ丸に乗って、さらば故国よ』を読む | トップページ | 坂手洋二『最後の一人までが全体である』を読む »

鐘下辰男『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・京都』を読む

 手元にある脚本を処分しようと思い、その前に読んだものも含め、読めるときに読んでおこうとしている。

 鐘下辰男は骨太の作品を書くので、好きな作家だ。舞台は幕末。商家から金を盗んでは薩摩に資金を提供している素浪人が主人公。幕末はシッチャカメッチャカに入り乱れた時代だから、そのどこかに焦点を当てれば、それなりの物語が作れるような気がする。ぐいぐい引き込まれ、読んでしまった。舞台転換も無理がない。

|

« 黒川欣映『イエ丸に乗って、さらば故国よ』を読む | トップページ | 坂手洋二『最後の一人までが全体である』を読む »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鐘下辰男『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・京都』を読む:

« 黒川欣映『イエ丸に乗って、さらば故国よ』を読む | トップページ | 坂手洋二『最後の一人までが全体である』を読む »