« 怒涛のごとく脚本を読みながら | トップページ | 脚本を書く(1) »

永井愛『僕の東京日記』を読む

 ホテル、アパート、場所をそういう所に置くと、どんな人間でも出せる。この脚本も下宿とアパートを足して割ったような場所で、変な人間がウヨウヨ出てくる。今のように学生が遊びやレジャーに精を出す前の時代。変な人間だけれど、みんな精一杯生きているところが良い。その空気が心地よい。

|

« 怒涛のごとく脚本を読みながら | トップページ | 脚本を書く(1) »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永井愛『僕の東京日記』を読む:

« 怒涛のごとく脚本を読みながら | トップページ | 脚本を書く(1) »