« 脚本を書く(2) | トップページ | ジョン・マレル『サラ 追想で綴る女優サラ・ベルナールの一生』を読む »

司馬遼太郎『鬼灯』を読む

 司馬遼太郎が脚本を書いていたとは。これ以前にも書いて二度と書くもんかと決意したらしいが、荒木村重の叛乱を描くには小説より戯曲形式の方がいいと思ったらしい。ト書きの中にも台詞が書いてあったりと、素人劇作家の面が見えるし、彼が調べた史実から逃れられていないようにも思う。もう少し書き方を考えれば、面白い作品になるかもしれない。

 荒木村重という名前には初めて接する。この人物とんでもない。摂津の君主が織田信長に叛乱を起こす。毛利の援軍を待つが、援軍は来ない。最後に、城と部下や家族を捨てて、部下や女たちが死刑になるが、村重は生き延びて、秀吉の茶飲み相手として録も食む。村重は高橋悦史、正室を杉村春子が演じたらしい。杉村でないと、杉村だから、可愛さと強さが演じられたのかもしれない。

 なお、鬼灯は「ほおずき」と読む。一つ勉強になったでしょ?

|

« 脚本を書く(2) | トップページ | ジョン・マレル『サラ 追想で綴る女優サラ・ベルナールの一生』を読む »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 司馬遼太郎『鬼灯』を読む:

« 脚本を書く(2) | トップページ | ジョン・マレル『サラ 追想で綴る女優サラ・ベルナールの一生』を読む »