« ことしの夏は水不足? | トップページ | 坂井泉水の死(2) »

坂井泉水の死

 同僚の御母堂の葬儀の受付の手伝いをして帰って、インターネットでニュースを見ていたら、隣の同僚が「今日のニュースは大変ですよ」と松岡大臣の自殺を教えてくれた。それを読んでいると、「こっちもショックですよ」と坂井泉水の死を教えてくれた。どちらも驚きだった。

 松岡大臣は、よくもまァと思える答弁を繰り返していたが、どうやら「水」云々ではなく操作の手が入った組織犯罪の方が原因かもしれないが、自分の死で終止符を打ってしまった。全部明らかにして、ごめん、辞任しますという生き方の選択もあったのではないか。魔が差すという言葉があるが、それだったのだろうか。

 ZARDの歌は好きだった。素直で分かりやすい言葉。BESTについていた彼女の薄い写真集は、ぼくの理想の女性の表情を完璧に示していた。40歳。これからなのだ。若さと云う勢いだけではなく、言葉が磨かれ、言葉が深みを増し、さらにぼく達の心をむんずと掴むのは、これからだったのだ。残念だ。残念だ。残念だ。

|

« ことしの夏は水不足? | トップページ | 坂井泉水の死(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂井泉水の死:

« ことしの夏は水不足? | トップページ | 坂井泉水の死(2) »