« 一人で背負い込まない | トップページ | 発見する歓び »

演劇に天才は要らない

 今、テレビでブレイクダンスのすごい連中をやっているけれど、彼ら体操でオリンピックに出ても金メダルかもしれない。昔と違って、選択肢が多いから、多種多様なところで多くの人が才能を楽しむことができる。

 演劇に最近テレビタレントが出ることが多い。舞台よりはタレントの方が収入がいいだろうからな。

 演劇は、しかし、生きている感触が濃厚で、生き方と関わってくる。演技は人生を重ね、その人が成熟することを求める要素は多い。金や名誉より、自分と向き合い、自分の成長を考える生き方があってもいい。イケイケドンドンの時代はもう終わったのだ。政治家や大企業のコマになってはいけないんじゃないか。ましてや、胡散臭い政権だ。

|

« 一人で背負い込まない | トップページ | 発見する歓び »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演劇に天才は要らない:

« 一人で背負い込まない | トップページ | 発見する歓び »