« 如何に多くと出会えるか | トップページ | 車を洗う »

「お母さん ぼくが生まれてごめんなさい」はいい

「お母さん ぼくが生まれてごめんなさい」「誰よりも明るく生きた脳性マヒの少年!! 不良少女との恋…友の死…母に残した衝撃の詩に込められた真意とは…感動実話をドラマ化」

 この長ったらしいタイトルを簡潔にすればいいのに、何故こんなに牛のよだれみたいにするのか、感覚を疑う。メインタイトルで十分なのに、ね。テレビ局ってのは、色んなブショがあって、そこにセンスのカケラもないくせにあーしろこーしろというバカがいるんだろうな。

 ただ、いいドラマだった。清潔感のあるドラマだった。清潔感のあるドラマって言い方は清潔感がないかもしれない。素直で真摯、それにもっとプラスしたい気持ち(バカだね)。森昌子がいい。

 タイトルは、主人公が母親にあてた詩の一節。

 飾りも無駄もなく、ズドンと胸に来る言葉。素晴らしい。嫉妬した。

 結構泣いたから、台風、水分はもういいから、消えろ!

  

|

« 如何に多くと出会えるか | トップページ | 車を洗う »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「お母さん ぼくが生まれてごめんなさい」はいい:

« 如何に多くと出会えるか | トップページ | 車を洗う »