« 申し訳なかったこと | トップページ | 困ったこと »

舞台の経緯

 代表が突然脱退し、彼の地元での上演の意味がなくなった。それで会場を探したところ、和楽が近い日時での公演が可能だった。しかし、和楽はステージが高い。そこで、じゃあこのフロアの真ん中でやろうということになった。一度はやってみたいスタイルだった。

 一番いい席は多分ステージに置いた席。椅子を並べ終えて座ってみて、そう思った。芝居の全てが見えるのだ。

 アンケートの中で何人かが指摘していたが、ああいう形は役者にはちょっと辛い。しかし、その辛さが面白さでもある。同時に、観客も観られていることになる。向こうの観客の反応が見えるのだ。

 次は照明にもう少し凝った形での上演をしたいので、ステージでの芝居になるが、またいつか試みたい方法である。

|

« 申し訳なかったこと | トップページ | 困ったこと »

活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舞台の経緯:

« 申し訳なかったこと | トップページ | 困ったこと »