« ロアルド・ダールを読む | トップページ | 運動会 »

ダール小説の脚色

 小説で完成されたものは難しい。

 安部公房の『砂の女』は映画になったけれど、映画と小説は兄弟みたいなもんだから。

 ただ、幾つかの作品を束ねて、分解、再構成という道はある。

 ダールは面白い。女性は眉をひそめるかもしれないが、男は違うと思うのだが・・・。

|

« ロアルド・ダールを読む | トップページ | 運動会 »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダール小説の脚色:

« ロアルド・ダールを読む | トップページ | 運動会 »