« 健康診断を受ける | トップページ | 秋の粒子が満ちてきました »

『天国と地獄』テレビ版リメイクを観る

 黒澤明の『天国と地獄』は面白かった。それがリメイクされて放送された。

 三船敏郎が演じた役を佐藤浩市が演じた。佐藤はいい役者で、彼のすごさはビールのCMで、それをみるととにかくそのビールを飲みたくなるほどだが、佐藤はじめ多くの役者の力量が活かされていない。作品が全体的にコブリになっており、CMもあり、黒澤映画のこだわりが微塵もなく、土曜ワイドと並んでしまった。

 去年、黒澤映画のカラー作品を覗いてほぼ全部観た。『天国と地獄』は黒澤の徹底がはっきり見えた傑作。黒澤を放送すればいいのに、何故リメイクするのか。わからない。リメイクするなら、超えるもの。その意気込みが見えなかった。

 是非、黒澤の『天国と地獄』を。

|

« 健康診断を受ける | トップページ | 秋の粒子が満ちてきました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『天国と地獄』テレビ版リメイクを観る:

« 健康診断を受ける | トップページ | 秋の粒子が満ちてきました »