« 靴の物語 | トップページ | 私流脚本の書き方(1) »

カレーの食べ方

 ぼくはカレーを食べる時、ご飯とルーを混ぜて食べる。ある女性と食べていた時、それをしたら、そんな食べ方信じられない、と、言われた。

 食事をした時、肉の焼き方でウエルダンにしたら、相手は「そんなのコーヒーに砂糖を10個入れるようなものよ」と言った。だから、食後のコーヒーで砂糖を10個入れた。

 今は昔のことだけれど、そして今だから、そういう状況の時の返す言葉もあるけれど、男と女はささいなところから壊れていくことは少なくない。

 人間って、ささいなことで支えられているのだな。

 野田秀樹は「初心は忘れた」と昔書いた。痛快だった。しかし、男と女(女と男、と、順番を換えたほうがいいか?)は、いつも初心、」「好きです。付き合ってください」という部分があった方がいいのかもしれない。

 愛情とは努力なのだ。努力を怠るようになったら、・・・。

|

« 靴の物語 | トップページ | 私流脚本の書き方(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カレーの食べ方:

« 靴の物語 | トップページ | 私流脚本の書き方(1) »