« 芝居仲間に課題 | トップページ | 畑澤聖悟『夜の行進』を読む »

ニール・サイモン『おかしな二人』を読む

 訳者の酒井洋子が「台詞のボクシング」という言葉をあとがきで使っているが、正にその通り。その面白さこそ真骨頂なんだろう。しかし、『サンシャイン・ボーイズ』の方が面白い。

|

« 芝居仲間に課題 | トップページ | 畑澤聖悟『夜の行進』を読む »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニール・サイモン『おかしな二人』を読む:

« 芝居仲間に課題 | トップページ | 畑澤聖悟『夜の行進』を読む »