« 清水邦夫『ぼくらが非情の大河をくだる時』を読む | トップページ | 『武士の一分』を観る »

嶽本あゆ美『オリュウノオバ物語』を読む

 中上健次『千年の愉楽』より、とある。中上作品は読んだことはないが、「より」ということは小説の脚色とは少し違うのだろうが、脚本としての仕上がりについては疑問がある。場面転換が多く、雑多な感じがある。ゴチャゴチャ感が残るのだ。どう上演したのかの興味が残るものの、縁のない作品。

|

« 清水邦夫『ぼくらが非情の大河をくだる時』を読む | トップページ | 『武士の一分』を観る »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嶽本あゆ美『オリュウノオバ物語』を読む:

« 清水邦夫『ぼくらが非情の大河をくだる時』を読む | トップページ | 『武士の一分』を観る »