« ハロルド・ピンター『灰から灰へ』を読む | トップページ | 芝居仲間に課題 »

ニール・サイモン『サンシャイン・ボーイズ』を読む

 面白い。もしかしたら、彼の作品では一番かもしれない。まだ読んでいない作品もあるけれど。訳者の酒井洋子は劇中のコントがどうも・・・ということだが、おかしくて笑った。ニール・サイモンのこだわりが徹底していて、これ以上は書き直しができないのではないかと思う。できれば、上演したい。

|

« ハロルド・ピンター『灰から灰へ』を読む | トップページ | 芝居仲間に課題 »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニール・サイモン『サンシャイン・ボーイズ』を読む:

« ハロルド・ピンター『灰から灰へ』を読む | トップページ | 芝居仲間に課題 »