« ジャン・アヌイ『ひばり』を読む | トップページ | ニール・サイモン『サンシャイン・ボーイズ』を読む »

ハロルド・ピンター『灰から灰へ』を読む

 今年の4月に読んだ。男と女の二人芝居。男が女に尋問するような形で進められる。背後にあるものが何かよくわからなかったし、今回もわからない。ただ、前回よりも少しだけ明確になったような気がする。気がするだけだが、また読めばいい。ある時、きっとストンとぼくの内部に落ちるかもしれない。落ちないかもしれないが、言葉も台詞も堅固で、魅力的なのだ。繰り返し読んで、落ちなければ、それだけの作品か、ぼくの力が及ばないということなのだろう。多分後者だが。

|

« ジャン・アヌイ『ひばり』を読む | トップページ | ニール・サイモン『サンシャイン・ボーイズ』を読む »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハロルド・ピンター『灰から灰へ』を読む:

« ジャン・アヌイ『ひばり』を読む | トップページ | ニール・サイモン『サンシャイン・ボーイズ』を読む »