« 『武士の一分』を観る | トップページ | アレクサンドル・デュマ・フィス『椿姫』を読む »

アーノルド・ウエスカー『結婚披露宴』を読む

 訳者木村光一の後書によればドストエフスキーの短編小説『いまわしい話』が下敷きになっているようだが、確かにいまわしい。靴製造の社長が、従業員の結婚披露宴に顔を出し、しっちゃかめっちゃかになるという話。読んでいて、イヤナ感じが募っていった。こういう風に考えて、芝居をつくる人もいるんだ、と、不思議な思いもした。ぼく達には上演できる力量はないが、上演したいとも思わない。

|

« 『武士の一分』を観る | トップページ | アレクサンドル・デュマ・フィス『椿姫』を読む »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アーノルド・ウエスカー『結婚披露宴』を読む:

« 『武士の一分』を観る | トップページ | アレクサンドル・デュマ・フィス『椿姫』を読む »