« ニール・サイモン『おかしな二人』を読む | トップページ | 三谷幸喜『コンフィダンテー絆ー』を観る »

畑澤聖悟『夜の行進』を読む

 渡辺原四郎商店上演台本。作者は高校教師で、演劇部の顧問をしている。『修学旅行』で全国の頂点に立ったのは数年前で、それはプロの劇団でも上演された。ぼくは読んでもいないし、観てもいないが、評判は頗るよかった。

 ただ、この『夜の行進』は生きる切なさや孤独があるが、もどかしさが残る。設定がいいという訳でもなく、展開も、ラストも予想できる。場面が変わり、「それから5日後」というのが数回あるが、それがよくないのかもしれない。最後の場面の結婚発表から始めた方がよかったんではないかと思う。

|

« ニール・サイモン『おかしな二人』を読む | トップページ | 三谷幸喜『コンフィダンテー絆ー』を観る »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 畑澤聖悟『夜の行進』を読む:

« ニール・サイモン『おかしな二人』を読む | トップページ | 三谷幸喜『コンフィダンテー絆ー』を観る »