« マーティン・マクトナー『ロンサム・ウエスト』を読む | トップページ | テネシー・ウイリアムズ『風変わりなロマンス』を読む »

吉永仁郎『深川暮色』を読む

 藤沢周平の小説の脚色で2部に分かれていて、一部は「時雨のあと」の意気地なし、二部は「闇の梯子」の入墨より、とある。民藝が三越劇場で上演したらしい、が、わかりやすい。藤沢周平の小説はわかりやすく面白いが、わざわざ舞台に乗せる必要があったのだろうか、と、思う。

 映画をノベライズした本があるが、これが一番下らないと思う。その逆の方がまだいい。ただ最初に触れた時の「刷り込み」みたいなのがあって、形を変えると、どうも抵抗を感じて仕方ないことが多い。

 小説を読んでみないと分からないものの、そういう経験から考えると、小説の方が面白いのではないか。藤沢周平が好きな人には、「ほう、こう来たか」という面白さはあるのかもしれない。ただ、時代劇は、ぼくらにはできない。

|

« マーティン・マクトナー『ロンサム・ウエスト』を読む | トップページ | テネシー・ウイリアムズ『風変わりなロマンス』を読む »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉永仁郎『深川暮色』を読む:

« マーティン・マクトナー『ロンサム・ウエスト』を読む | トップページ | テネシー・ウイリアムズ『風変わりなロマンス』を読む »