« ロナルド・ハーウッド『どちらの側に立つか』を読む | トップページ | コメントお礼 »

土田英生『衛兵たち、西高東低の鼻を嘆く』を読む

 面白い。小説でも映画でもコミックでも表現できない世界と時間。最初はアホな芝居かと思って、その軽さを楽しんでいたが、後半は意味深になり、もっと面白くなった。こういう芝居はやってみたい。男5人というのもいい。傑作。

|

« ロナルド・ハーウッド『どちらの側に立つか』を読む | トップページ | コメントお礼 »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土田英生『衛兵たち、西高東低の鼻を嘆く』を読む:

« ロナルド・ハーウッド『どちらの側に立つか』を読む | トップページ | コメントお礼 »