« 土田英生『衛兵たち、西高東低の鼻を嘆く』を読む | トップページ | グレゴリー・マーフィー『伯爵夫人』を読む »

コメントお礼

 《いよ》]さん、ぼくは白髪になる前にふと考えたのは、彼らは部隊は経験したけれど、えんげきは経験したのだろうかということです。たぶん、舞台に乗せ時に問われているのは「あなたの考える演劇って何?」なんでしょう。ぼくは縁起にしろ、音響、照明、衣装、美術、小道具の麺棒に至るまで、「私はこうしたい」がないものは意味がないと考えます。

 《ミウラ》さん、も、あれ、上演した経験がありますよね。作者にお子さんがs生まれ、お父さんが亡くなった時の作品だと聞いています。そういうところから生まれたんだと思います。ぼくはあれで、腰を痛めました。

 コメントありがとうございました。

|

« 土田英生『衛兵たち、西高東低の鼻を嘆く』を読む | トップページ | グレゴリー・マーフィー『伯爵夫人』を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コメントお礼:

« 土田英生『衛兵たち、西高東低の鼻を嘆く』を読む | トップページ | グレゴリー・マーフィー『伯爵夫人』を読む »