« マキノノゾミ『赤シャツ』を読む | トップページ | 出会った言葉(8) »

岡本蛍『星逢井戸命洗濯』を読む

 「ほしあいのいど いのちのせんたく」と読むらしい。江戸時代の長屋が舞台。生活にかっつかっつの人たちばかりが登場する。摩訶不思議な現象が起こるが、それほど違和感がないのは、設定に負うのか、それとも、ぼくの読み方が悪いのか。下世話なネタもむしろ人々の活気みたいなものを感じた。

|

« マキノノゾミ『赤シャツ』を読む | トップページ | 出会った言葉(8) »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡本蛍『星逢井戸命洗濯』を読む:

« マキノノゾミ『赤シャツ』を読む | トップページ | 出会った言葉(8) »