« 竹内銃一郎『東京大仏心中』を読む | トップページ | 岡本蛍『星逢井戸命洗濯』を読む »

マキノノゾミ『赤シャツ』を読む

 漱石の『坊っちゃん』を教頭の赤シャツを中心に描いている。原作とは違った人間像になっていて、原作ではどうもいけすかない赤シャツが愛着ある人間として、なるほどこうして誤解を受けたのか、と、原作の内容を変えずに描いている。そうなってくると坊っちゃんが出てはまずくなる。マキノは場面転換の時に坊っちゃんの声だけを出している。そういうところも上手いなァと感心してしまう。原作を知っている方が面白い。先でも後でもいい。漱石の小説と合わせて読むと面白さは倍増する。おススメの作品。

|

« 竹内銃一郎『東京大仏心中』を読む | トップページ | 岡本蛍『星逢井戸命洗濯』を読む »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マキノノゾミ『赤シャツ』を読む:

« 竹内銃一郎『東京大仏心中』を読む | トップページ | 岡本蛍『星逢井戸命洗濯』を読む »