« 鐘下辰男『続・殺人狂時代』を読む | トップページ | 国体の影響 »

唐十郎が

 今、浅見光彦シリーズのドラマに出ているではありまんか。いい顔になっています。昔は小太りのおっちゃんだったけど、いい。人間は顔をつくっていく手本みたいだ。

 熊本に白河があり、その河川敷に赤テントが立った。土手には長蛇の列。やっと入れたら、、「みんなで声を出して前に詰めましょう」の掛け声で、身動きできないくらいに詰めて。テントの向こうが開くと、向かいの川岸から飛び込んで、泳いで、舞台に上がって長靴から水をジャバッとこぼす。こんなのありか!の連続だった。

 ぼくが一番好きな演劇人は唐十郎。何だろうと、出没してほしい。 

|

« 鐘下辰男『続・殺人狂時代』を読む | トップページ | 国体の影響 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 唐十郎が:

« 鐘下辰男『続・殺人狂時代』を読む | トップページ | 国体の影響 »