« 唐十郎が | トップページ | 斎藤憐『世紀末のカーニバル』を読む »

国体の影響

 次年度は、小学校のい運動会が6月になるらしい。うちの学校もボクシングの会場になっている。教員の中には選手もいるし、運営にあたる人もいる。そんなこんなで運動会の日程も変わるようだ。

 大分には二順目の国体。ただ、国体の在り方も考えた方がいいと思う。開催県になることで、すべての競技に出場できて、出場すればポイントになり、だから天皇杯や皇后杯を取ることができる。加えて、結果的にスポーツへの理解と参加が増えれば、いいことだろう。しかし、現実的にそうなのだろうか。全く無縁な人の方がはるかに多い。国体やるぞ!じゃなく、すみません、協力をお願いしますという姿勢が全くない。財政困難な時に、プールのそばに会場をこさえて。今ある場所を使うべきではないのか。金のかからない国体を提案すればいいのに。そういう業者を儲けさせるための国体じゃないだろう。

 それで、もしかすると公演日程にも影響があると思う。

|

« 唐十郎が | トップページ | 斎藤憐『世紀末のカーニバル』を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国体の影響:

« 唐十郎が | トップページ | 斎藤憐『世紀末のカーニバル』を読む »