« 出会った言葉(8) | トップページ | 第2回上演作品について »

別役実『6月の電話』を読む

 電話取り次ぎ業みたいな女の事務所に、アリバイを証明する仕事の男が入ってくる。例によって、ズレながら、話は進む。そのズレ具合が面白い。こういう作品は別役の独壇場。芝居ではないが、『道具ずくし』『虫ずくし』も面白いぞ。

|

« 出会った言葉(8) | トップページ | 第2回上演作品について »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別役実『6月の電話』を読む:

« 出会った言葉(8) | トップページ | 第2回上演作品について »