« 正しい脚本の読み方 | トップページ | 出会った言葉(6) »

仕事始めは女子学生4人とのロングトーク

 仕事始め。といっても、実質的な仕事始めは始業式だから、生徒の仕事はチラホラ。受験を控える生徒が個人指導を受けたり、部活動程度。新年の挨拶をして、多くの教師はパソコンに向かい、試験問題や3学期の教材準備をする。10時過ぎに今年送り出した卒業生が4人来て、3時まで話して、帰った。昼食抜き。

 4人とも進学先は異なる。彼女達から学生生活のあれこれを聞いた。生きた情報は後輩に役立つ。話を聞いて共通するのは、勉強が大変だということ。高校時代の方が楽だったと口を揃える。レポートや小テスト、資格試験、進級試験。そして睡眠時間数時間の実習。行った先の学校もまた生き残りをかけてより良い学生を育てようと一所懸命なのだろう。昔とは違っている。昔の学生よりは勉強しているんじゃないか。ただ、その方が幸せなのだ。

 また、同級生の動向をこれまた根掘り葉掘り。恋や合コンやあれやこれもそれなりに活発なようだ。後2,3年もすれば大人になった姿になるのだろう。それにしても5時間。よく話したものだ。

|

« 正しい脚本の読み方 | トップページ | 出会った言葉(6) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事始めは女子学生4人とのロングトーク:

« 正しい脚本の読み方 | トップページ | 出会った言葉(6) »