« トム・ストッパード『自由人登場』を読む | トップページ | 別役実『月と卵』を読む »

井上ひさし『円生と志ん性』を読む

 どうも気が滅入る脚本を続けて読んだので、笑える脚本ということで、職場の椅子周りを探して、ひさしの作品を再読。

 戦後の二人の噺家のどん底生活を笑いを交えて描いている。修道女たちとのやりとりは面白く、元気をもらえる。そういう脚本を書けたらいいナ。

|

« トム・ストッパード『自由人登場』を読む | トップページ | 別役実『月と卵』を読む »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井上ひさし『円生と志ん性』を読む:

« トム・ストッパード『自由人登場』を読む | トップページ | 別役実『月と卵』を読む »