« 小里清『アルバートを探せ』を読む | トップページ | 佃典彦『プラモラル』を読む »

里吉しげみ『ロートレックの特別料理』を読む

 最後に「第一稿だから、公演までの稽古過程で変わっていく」といことを書いている。そうだろうなあ。芝居の転がりがあまりよくないのだ。加えて、「グルメ」を「ウルメ」と言い間違える辺りは貧困さを感じてしまう。ウルメってのはいわしの・・・と説明を加えてしまうとさらに悲惨になってしまう。何かないかと、探しながら読むけれど、今回は何もなかった。なお、特別料理とは娼婦。30年前の作品。

|

« 小里清『アルバートを探せ』を読む | トップページ | 佃典彦『プラモラル』を読む »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里吉しげみ『ロートレックの特別料理』を読む:

« 小里清『アルバートを探せ』を読む | トップページ | 佃典彦『プラモラル』を読む »