« 井上ひさし『円生と志ん性』を読む | トップページ | 『ワールド・トレード・センター』を観る »

別役実『月と卵』を読む

 男と女の二人芝居。

 別役の芝居は最初はおかしい。この芝居でも、外国旅行から部屋に帰ると、男がいて、それももう数日間その部屋で過ごしているという。これはおかしい。おかしいと思いながらも、別役ロジックにはまってしまっている。

 別役ロジックでつくられる世界は遊びの精神に満ちている。

|

« 井上ひさし『円生と志ん性』を読む | トップページ | 『ワールド・トレード・センター』を観る »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別役実『月と卵』を読む:

« 井上ひさし『円生と志ん性』を読む | トップページ | 『ワールド・トレード・センター』を観る »