« 小幡欣治『坐漁荘の人びと』を読む | トップページ | 小幡欣治『喜劇の殿さん』を読む »

木谷有希子『砂利』を読む

 作風という言葉がある。それはたぶん無意識に出てしまう何かで、その何かが他の作家と違う作品に味付けすることになるのではないかと思う。

 以前、木谷の作品を好きじゃないと書いた。しばらくして、その作品が賞を受賞したというニュース。ぼくは自分の読む力のなさを思いながら、合わないものは合わない、と、思った。

 木谷の新作。タイトルで読む気が失せる。ただ独特な作風で読ませる。それ以上は言えない。

|

« 小幡欣治『坐漁荘の人びと』を読む | トップページ | 小幡欣治『喜劇の殿さん』を読む »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木谷有希子『砂利』を読む:

« 小幡欣治『坐漁荘の人びと』を読む | トップページ | 小幡欣治『喜劇の殿さん』を読む »