« 木下順二『東の国にて』を読む | トップページ | 木下順二の脚本は何故面白くないか »

木下順二『冬の時代』を読む

 堺利彦とその周辺をモデルに描いている。思想弾圧が激しかった時代を舞台に活動する人たちが「売文社」という出版社で語り合う。主人公渋六さんがコピーライターの仕事をしており、彼のつくるコピーは面白い。

 書く人間がいれば、それを面白いと思う人間がいても不思議ではない。木下と同じ時代を生きた人なら、「冬の時代」に共感し、楽しむこともできるおかもしれない。シェイクスピア作品も訳し、演劇についての本も書いているから、木下の深くて確固とした演劇観で書いているのだろうが、そういう時代だったのかと、頭で理解するだけで、共感はできない。心が動かない。悩むこともないのだろうけれど、心が動かない自分自身に首を傾げたりする。ただ、民話劇は面白いと思うけれど。

|

« 木下順二『東の国にて』を読む | トップページ | 木下順二の脚本は何故面白くないか »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木下順二『冬の時代』を読む:

« 木下順二『東の国にて』を読む | トップページ | 木下順二の脚本は何故面白くないか »