« 木下順二『夏・南方のローマンス』を読む | トップページ | 木下順二『暗い火花』を読む »

木下順二『子午線の祀り』を読む

 大作だ。かなりの時間がかかったであろうし、木下のこだわりがいい形で現れていると思う。それだけに上演も大変だろうと思う。今回は半分以上を声に出して読んだが、名前やらナンヤラ、詰まること度々。

 これを読んで一番の収穫は、義経が何故兄頼朝から討たれたのか、その理由がわかったように思えたこと。比類ない武将の面を確かめながら、この戦の後の彼を待ち受けるものを思いながら読んだ。

|

« 木下順二『夏・南方のローマンス』を読む | トップページ | 木下順二『暗い火花』を読む »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木下順二『子午線の祀り』を読む:

« 木下順二『夏・南方のローマンス』を読む | トップページ | 木下順二『暗い火花』を読む »