« 公演日記(6) | トップページ | 公演日記(8) »

公演日記(7)

 バレー、むしろバレェって書いた方がいいかもしれないが、ちょっとしただけだったのに、日ごろ使わない部分を刺激した名残が腰の辺りにある。とにかく、もうちょっと鍛えなくては。犬と散歩しながらも、そういう自覚を持って歩いた(ナンのこっちゃ)。煙草も控え、酒も量を減らし、日常の動きの中で、舞台に向かう身体にしなくては。

|

« 公演日記(6) | トップページ | 公演日記(8) »

活動」カテゴリの記事

コメント

娘ともどもバレエをやっていますが、
(このごろ私はさぼってますが)
バレエの型にはめて体を作っていると
とても気持ちがいいですよね。

投稿: 容子 | 2008年4月29日 (火) 02時03分

うちの親父イサムは、テレビでバレエやイナバウアーを見ると、すぐ影響されて仕事から帰ってくる時にそのポーズで玄関から入ってくる奇特な人ですが、そんなの関係ねぃ。

次の舞台みんなが、異常に姿勢が良すぎたりしたら面白いけど、成立しなくなるか。

身体のバランスや、自分のポジションを意識するって意味でも、きっとバレエは次の(これからも)舞台に影響力のあることだろうなぁと思いました。
茶道の所作もみんなでやってみるってのも?どちらも遊びじゃダメだけども。

シャルウィーダンス。

投稿: キノシタユウイチ | 2008年4月29日 (火) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公演日記(7):

« 公演日記(6) | トップページ | 公演日記(8) »