« 訊いて驚く意外な事実 | トップページ | 竹内銃一郎『あの大鴉、さえも』を読む »

川村毅『ワニの涙』を読む

 近未来の廃墟のような街の不法ラジオ局のDJ・市の放送はかかってくる電話とのやりとりと音楽。生活も哲学(あれば)も全く違う連中との話は暴力、歪んだ性、絶望、怒り、無気力に満ちている。ラジオだからこそ可能なことだろう。こういう手法もあるのか。

|

« 訊いて驚く意外な事実 | トップページ | 竹内銃一郎『あの大鴉、さえも』を読む »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川村毅『ワニの涙』を読む:

« 訊いて驚く意外な事実 | トップページ | 竹内銃一郎『あの大鴉、さえも』を読む »