« 花冷えとはよくぞ言ったものだ | トップページ | ケラリーノ・サンドロヴィッチ『わが闇』を読む »

佐伯春祭りに行く

 佐伯の春祭りは楽しい。数年前、小学生になった子どもが行きたいというので連れて行ってから、その面白さを知った。だから、ぼくにとっては年末年始の行事より、生活には欠かせない。

 ビールを飲みながら、つまみをxセコセコ買って歩く。人間ウオッチングの面白いこと。時々、声がかかり、卒業生だったり、釣りバカのオーディションで会った人だったり、立ち話だから、話が長くなることはないのもいい。子どもももう自分で動くから気楽なもんだ。

 城山の桜も盛り。のんべんだらりの時間を過ごす。こんな過ごし方は滅多にできない。

|

« 花冷えとはよくぞ言ったものだ | トップページ | ケラリーノ・サンドロヴィッチ『わが闇』を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐伯春祭りに行く:

« 花冷えとはよくぞ言ったものだ | トップページ | ケラリーノ・サンドロヴィッチ『わが闇』を読む »