« キムタクの『Change』はいいかもしれない | トップページ | 公演日記(26) »

公演日記(25)

 職場にポスターを貼った効果が出た。職場の上司が2枚欲しい、と。ただし、給料が出てから、だと。

 映画『マルサの女』で山崎努演じる脱税男が「あんたらはコップの水がいっぱいになる前に飲むが、わしらはいっぱいになってこぼれた水を飲む」みたいなことを言っていたが、それと同じことが役つくりにも言えるかもしれない。とにかく精一杯取り組む。食事、風呂、トイレ、眠っている時も考え、考え、考える。そうするとある瞬間何かが閃く。それを天啓、インスピレーションというのかもしれない。そこまで取り組むことが表現者には求められるのかもしれない。「アマチュア」に分類される多くの人はそこまで取り組まない。ぼく達がそこまで至っているとは思わない。ただ、最後の最後、緞帳が上がるまで、「もっと」を求めることが肝心だろうナ。

|

« キムタクの『Change』はいいかもしれない | トップページ | 公演日記(26) »

活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公演日記(25):

« キムタクの『Change』はいいかもしれない | トップページ | 公演日記(26) »