« 『釣りバカ日誌19』にチョットだけ参加して(4) | トップページ | 公演日記(22) »

『釣りバカ日誌19』にチョットだけ参加して(補足)

 釣りバカは映画バカみたいなことを書いたが、その辺について少し。

 昔、『俺達のDJ』という単発ドラマにスタッフとして参加した。矢崎滋、浅野ゆう子が出演し、撮影は大泉の東映のスタジオとロケで制作した。照明は東映の人たち。照明の仕込みに時間がかかっているのでディレクターが「まだ時間かかるのか」と訊くと、「テレビの人間みたいにいい加減な明かりはつくらねえんだ」という声がかえった。また夜のロケでは、照明の人たち(結構高齢だったけれど)、2mほどのコンクリートの塀の上に立って明かりをあてた。テレビが社員なら、映画は職人という感じがした。ぼくがテレビを辞めたのはそういうところがあったからだ、とは断言はできないが、姿勢の甘さには辟易したことが少なくなかった。

 バカ映画はどうしようもないが、映画バカがつくった映画は面白い。船を揺らせ、という監督の指示にそのバカの片鱗みたいなものを感じた。面白くなるかもしれない。上映が待ち遠しい。

 さて、佐伯市役所の「釣りバカ支援室」で今後の情報を;

 http://www.city.saiki.oita.jp/turibaka/turibaka(bosyuu).html

 さて、今回の『雨の街、夜の部屋』も結構面白いはずだ。おそらく、今まで経験したことがない質の面白さだと確信している。ご来場、喉から手を出して、待ってます。

 6月14日(土) 6時半開場、7時開演 弥生文化会館です!

|

« 『釣りバカ日誌19』にチョットだけ参加して(4) | トップページ | 公演日記(22) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『釣りバカ日誌19』にチョットだけ参加して(補足):

« 『釣りバカ日誌19』にチョットだけ参加して(4) | トップページ | 公演日記(22) »