« 『釣りバカ日誌19』にチョット参加して(1) | トップページ | 『釣りバカ日誌19』にチョットだけ参加して(3) »

『釣りバカ日誌19』にチョットだけ参加して(2)

 8時半に地元キャストが集合して「釣りバカ支援室」の人の説明を受ける。それから控え場所に移動。優しい笑顔の婦人の家。その家に2室を借りているということだったが、ぼくが入った部屋は自然に男だけになっていた。そこで助監督から、衣装の点検を受けた。誰も問題はなかった。

 10時前に撮影場所に移動。宴会のシーンで、これまた民家を使い、二間をぶち抜いて、テーブルには酒や御馳走が並んでいる。座る位置を指示される。ぼくはその家の家主(竹内力さん)の隣。家主は子どもをそばに置いており、その子どもの隣が浜ちゃん。その家には窓に暗幕を張りめぐしており、日中に夜のシーンを撮影しようという考えのようだ。

 「盛り上がっているシーンなので、目の前のものをある程度残して食べて下さい」という指示が出る。「ある程度」が「どの程度」なのかわからないが、少しだけ食べた。美味しさなんて感じることはない。かなり不味ければウエッとなるかもしれないが。

 西田さんと竹内さんが座る。西田さんは気負いを与えずに空気を作る。竹内さんは、オールバックの凄みのある映像とは違い、好漢の風情。彼、休憩中にミカンやお菓子を子どもを中心に配っていたもんな。

 武内さんの妹役の常盤貴子さんが入ってくるまでのシーンを午前中に撮った。常盤さんはいないままだ。映画って面倒なことが沢山ある。テレビなら、スタジオにセット組んで数台のカメラ(助監督は「写真機」って言ってたナ)で撮るからもう少し早いかもしれない。テレビと違い、映画は現地主義が強いのかもしれない。

 そうこうしているうち、左隣に俳優が来た。安藤優也(この漢字で間違いないか?)。彼が高校生の頃、授業をしている中にいた。佐伯の春祭のステージで見たことがあるが、まさか、こういう形での再会、とは。彼も意外だったようだ。そうかも。

|

« 『釣りバカ日誌19』にチョット参加して(1) | トップページ | 『釣りバカ日誌19』にチョットだけ参加して(3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

撮影お疲れ様でした。

ウチの旦那は仕事で、昨日今日と
撮影所の周りの交通整理などをして
おりました。

大変だったとだけ聞いております。

今日は、米水津での撮影・・・・・。
義弟の船も何かしらお手伝いがあった模様で
朝から、大変そうでした。

土曜日、都合により娘も一緒にお伺い
することになるかもしれません。

投稿: 容子 | 2008年5月15日 (木) 16時11分

先日のロケ、おつかれさまでした。宴会のシーンでは誰よりもアルコールを飲んだエキストラの古川です。初めまして(?)
 あの時の記念写真が届いたので懐かしくなり検索かけてここにやってきました。
 この秋には別府で舞台に立ちます。10月といいますから映画の公開時期ですね。話題には事欠かない年です。それにしても鶴見の大島から海を越えて別府まで稽古にいくのはちょっとしんどい。

投稿: 古川 | 2008年6月11日 (水) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『釣りバカ日誌19』にチョットだけ参加して(2):

« 『釣りバカ日誌19』にチョット参加して(1) | トップページ | 『釣りバカ日誌19』にチョットだけ参加して(3) »