« 井上ひさし『ロマンス』を読む | トップページ | 鈴江俊郎『顔を見ないと忘れる』を読む »

風呂に行く

 最近夜早く寝て、翌朝早起きの生活をしているが、朝シャワーで体を洗えばいいってもんじゃないナ。

 弥生の湯に久しぶりに行った。露天風呂が、原油高騰で、水だった。水だけれど、入っている人も少なくなく、ぼくもサウナの後何度か入った。

 石油で大もうけしている人がいる。マネーゲーム。金は金を持っている人にしか行かない。金が人間を苦しめる。そこに無頓着な連中がいるんだよな。そういう連中の流れで苦しむのはやめましょう。こうなったんだ。その都度愉しめばいい。

 津久見に入っての下り坂で警察がスピード違反の検問をしている。ガソリン代がこうなっているんだ。何を杓子定規に。警察のドライバーの状況を考えたきちんとした対応を求める。

 露天風呂が水という経験はあまりできない。あまりできないからその冷たさを愉しめばいい。ぼくは愉しめた。

 人間は人間を幸せにしないと。自民党の政治家にその志がカケラでもありますか?

|

« 井上ひさし『ロマンス』を読む | トップページ | 鈴江俊郎『顔を見ないと忘れる』を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風呂に行く:

« 井上ひさし『ロマンス』を読む | トップページ | 鈴江俊郎『顔を見ないと忘れる』を読む »