« 八木柊一郎『チェーホフ家の人々』を読む | トップページ | 井上ひさし『ロマンス』を読む »

自動車道開通

 せっかくだから走ってみよう。ついでに紀伊国屋書店まで。早い。家から書店まで一時間かからない。これならガラスの腰でも行ける。

 ひさしのチェーホフを扱った『ロマンス』。スタニスラフスキーの『芸術におけるわが生涯』でチェーホフが出てくる中巻等数冊を買って出ようとして、雑誌のコーナーに行ったら、『すばる』に『かもめ』の新訳が掲載されていたので、急いでカウンターに。いや「初物」のおかげで幸運だった。やはり、実際に足を運んで探す作業をしないといけないし、チェーホフを読めっていう流れに乗ってしまったようだ。ビールでも飲むか。

|

« 八木柊一郎『チェーホフ家の人々』を読む | トップページ | 井上ひさし『ロマンス』を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自動車道開通:

« 八木柊一郎『チェーホフ家の人々』を読む | トップページ | 井上ひさし『ロマンス』を読む »