« 公演日記(38) | トップページ | 公演日記(40) »

公演日記(39)

 ぼくの頭の中には舞台の絵が出来上がっているけれど、それでも出来上がった舞台を眺めると、こうなるのか、と、思う。ただ、大方のところは問題なく作業できるだろうが、些細な部分でえらく準備に手間取ることも覚悟している。

 昔、高校生卒業公演で、会場から3キロほど離れた上野の山の稽古場で装置係りの生徒が階段をつくった。ところが運ぶことを考えなかった。そのままでは重すぎるし、バラせば、会場で組み立てに時間がかかる。福岡から来た照明のプロは一言で却下。会場で箱馬とかを使って瞬く間に作り上げてしまった。

 運ぶこと、修正が加えられることを念頭に準備しているのだが・・・。たぶんそれでも、何か問題が出てくるんだろうな。素人の悲哀を感じる当日の午前になるだろう。

|

« 公演日記(38) | トップページ | 公演日記(40) »

活動」カテゴリの記事

コメント

そんなこともありましたね。
昨日のことのように思い出されます。
(その係りの中心だったのは私なのですが・・。)

当日は、なるべく早めに伺います。

投稿: 容子 | 2008年6月 4日 (水) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公演日記(39):

« 公演日記(38) | トップページ | 公演日記(40) »